キミエホワイトプラス 副作用

キミエホワイトプラス 副作用

キミエホワイトプラスは第3類医薬品です。

 

飲む期間が長いものですので
結果、服用の量が多いものになります。

 

そうなってくると、気がかりなのは副作用。

 

良くしようとしているのに、逆に何か体調に異変があったりしては大変ですね。

 

冒頭にも書いたように
キミエホワイトプラスは第3類医薬品なのですが
第3類医薬品とはなんぞや?ということからお話します。

 

 

第3類医薬品について

 

第3類医薬品は効き目はあるけれども
リスクが少なく、副作用が起こることはめったに無いため、薬剤師や登録販売者の説明も受けずに
買っても大丈夫ですよ、というものなのです。

 

通信販売でも購入しても良いものなのです。

 

医薬品ではないのだが、化粧品よりは、効果が期待される、というものが医薬部外品。

 

 

それよりも一つ上のランクである
第3類医薬品は、誰にでも手に入れやすい、レッキとしたお薬である、ということなんです。

 

 

キミエホワイトプラスは
第3類医薬品のため“○日でめっちゃシミが消えた!すごい!”

 

といった即効性のある強い成分ではなく内臓疾患や、皮膚の炎症などおこすような
恐ろしい副作用が起こる可能性は極めて!低いですよ、といった製品になるのです。

 

それはそうですよね。

 

当たり前です。

 

シミを治すために内臓疾患が発生しては困ります。

 

でもお薬ってそんなものなんですよねー。
劇的効果であるほど、副作用も激烈だったりするのです。

 

だったらサプリメントでもいいのではないのー?
と言われそうですが、
それも違うんです。

 

サプリメントは“食品”なので、シミが消える効果は立証されていないのです。
またそれが効いていたとして、販売側が効くんです、ということは出来ないものになります。

 

キミエホワイトはそのちょっと上のランクの
第3類医薬品なので、効く、と明言出来るわけですね。

 

 

そして第3類医薬品は成分の配合量が厳しく規制されているため、
シミを消す、と謳われているものは、信頼性があると言ってもいいのです。

 

結論:キミエホワイトプラスは長期のわたって風用しても問題なしです!